トップ / 痛風になったら行う治療

脳の為の健康情報

プリン体を減らして痛風予防 

痛風にならないためのコツとして、体内で生成されるプリン体の総量をできるだけ減らす事が基本です。対策としては肥満にならないように運動を行ったり、出来るだけカロリーの低い食事を摂取したり、野菜を多く取る食事を心掛ける事が大切です。年齢を重ねれば重ねるほど節制した食事が大切で、ビールなどのお酒を出来るだけ控えます。ビールなどの飲み物や食べ物にも痛風の原因となるプリン体が多く含まれている場合があって、将来の健康を考えて年齢に関わらず健康診断で尿酸値の高い人は尿酸値を上げないような食事を心掛ける事も大切です。

痛風の痛みを知る努力 

痛風は、読んで字のごとく、風でも痛みに感じてしまうぐらいの辛い病気だと言われていますので、不幸にしてこの病気にかかってしまった患者さん達が、なんとかしてこの辛い状態から抜け出たい、少なくともこの症状を和らげる方法を知りたい、と必死の思いでいるのではないでしょうか。幸いにもその症状とは無縁の健康体の方々も、その思いを察してあげるために、箪笥の角に足の小指をぶつけた時のことを思い出すといいのかもしれません。痛風の痛みに苦しんでいる患者さんの気持ちの数分の一ぐらいは、理解してあげることができるでしょう。