トップ / 健康診断の結果の見方

脳の為の健康情報

健康のために標準値を目指す 

会社の健康診断などで基準値をオーバーしてしまった、あるいは下回ってしまったと落ち込んでしまう方も多いのではないでしょうか。平均よりも多少オーバーしてしまう、または下回ってしまってもそこまで深刻な問題ではありません。日々の生活を少し見直すだけで標準の値にすることができます。もし基準値よりも大幅にかけ離れた数値だった場合は、すぐに専門の医師に相談した方がいいでしょう。自分で判断したり、ましてや放っておくと命に関わることがあるので病院に行くことをおすすめします。そして医師のアドバイスを実践すれば健康的になることができるでしょう。

基準値から外れてしまったら 

健康診断の検査結果が基準値から外れてしまうと、どこが悪いのかと心配になってしまいます。実は健康な人でも異常値がでてしまうことがあるのをご存知でしょうか?基準値とは「正常の人の95%が当てはまる値」が設定されたものです。つまり20人に1人は正常でも値が外れて出てしまうのです。逆に異常があっても体質によっては正常な値が出ることもあります。年一度の健診結果は数値だけでなく医師の判定も記載されています。少し基準から外れたからといってびっくりしないでよく判定と照らし合わせて見ることが大事です。また、すべて正常な値でも油断せずに、気になることがあったら医師との相談を検討しましょう。

お冷や